魚のつかみ取り

7月30日、「特定非営利活動法人あかぎの森のようちえん」スタッフの方に来園して頂き、魚のつかみ取りを楽しみました。大崎つりぼりさんから、酸素を供給されてやって来たニジマスたちが35匹。

プールに放し、年長児が捕まえます。

「逃げられちゃった!!」「おしい(;´∀`)」

「あ!捕まえられた!!」

小さいクラスの子も応援してます。がんばれ~。

なかなか捕まえられない子どもたちでしたが、だんだんとコツをつかんで(魚が弱って…⁉)

上手に捕まえられるようになりました。

最初は怖がっていた子も、慣れてきたら「かわいい~」なんて、 抱っこしたりなでなでしたり。

 

次は、一人ずつキッチンバサミでさばきます。

おしりの穴にはさみを入れて切るんだよ。

内臓がある。ほんとだ。絵本で見た通り。

どの子も真剣な表情!

丁寧に、慎重に、しかもきれいに、さばけてびっくり!!

年長になるとこんなこともできるんだ。

炭火で焼いて、焼き立てを頂きます。

 

午後は近くの御嶽山でネイチャーゲームをしました。

「おたからさがし」全部見つかるかな?

「こんなのあったよ」

最後にみんなで集まって、見つけたものを発表しあいました。

 

魚つかみから自然体験まで、満喫した一日。

魚をさばく体験や直前まで生きていた魚を食べる経験を通して、命の尊さや食べ物の大切さを

感じられる良い機会となりました。

肉も魚も野菜も、命を頂くから「いただきます」。大切に頂きます。